FC2ブログ

    訪問カウンター


    カテゴリ


    最新記事


    プロフィール

    qqqqq95

    Author:qqqqq95
    「第二種電気工事士」資格取得(2010年)。
    「電気取扱者」修了。
    「危険物取扱者」乙4を経て甲種合格(2012年)。
    「消防設備士乙種6類」合格(2013年)。
    「認定電気工事従事者」認定講習修了(2013年)。
    「電気主任技術者第3種」合格(2014年)
    「公害防止管理者」3種を経て水質1種合格(2016年)
    「消防設備士乙種7類」合格(2017年)。


    月別アーカイブ


    最新コメント


    最新トラックバック


    店長のためのドラッカー講座


    消臭イオンクリア


    1000円ゲーム

    1000円ゲーム

    1000円ゲーム
    著者:江上治
    価格:1,080円(税込、送料込)
    楽天ブックスで詳細を見る

    1000円ゲーム

    FC2ブログランキング


    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム


    RSSリンクの表示


    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ


    ブログランキング


    ヤフオク(オークション)


    DATE: CATEGORY:消防設備士
    著者は消防設備士 乙種4類の資格試験に合格しました。
    (乙種4類は自動火災報知設備などの整備・点検ができる資格です)
    以下は取得までの経緯です。

    所有資格により試験の一部免除を受けることができるので
    著者は「第二種電気工事士」による免除を申請しました。
    免除により試験時間を短縮できました。(1時間45分⇒1時間)

    【試験科目と問題数(免除なし)】
    1乙7科目問題時間
    【試験科目と問題数(電工による免除あり)】
    2消防乙4免除
    【受験結果】
    3消防乙4結果
    【合格基準】
     下記①かつ②を満たすこと。
     ①筆記試験において、各科目ごとに出題数の40%以上、
       全体では出題数の60%以上の成績を修める。
     ②実技試験において60%以上の成績を修める。
       (免除を受ける場合は、その部分を除いて計算します)

    筆記試験部分は各科目(「消防関係法令」「構造・機能および整備」)いずれも40%を上回り
    全体でも60%を上回ったので問題ありません。
    しかし、実技試験部分は75%(4問中3問正解)であり、
    もし、もう1問不正解であれば、不合格(50%<60%)となっていたかもしれません。
    (部分点を頂けたどうかは不明です)


    【受験に臨むにあたって】
     上記、実技試験(鑑別)の問題数が4問しかないので
     鑑別問題に対して良い準備を行うべく、
     写真が豊富に掲載され整理されている参考書を購入しました。
     (実際に使用した参考書は下記リンクを参照)
    ●著者が使用した参考書・問題集は⇒こちら(消防設備士乙種4類参考書問題集)
                              (コメント付)

    【まとめ】
    著者は試験時間の短縮メリットを享受するため、
    「第二種電気工事士」による免除を申請しました。
    しかし免除によって、(問題として易しい)実技試験(鑑別)部分の「問1」が免除となり
    問題数が5→4問と減って、合格基準60%を満足するには
    4問中3問以上正解が必要となりました。
    (2問不正解だと50%で不合格になるので
     4問中1問しか落とせない。合格のハードルが上がった)。

    受験した問題において、免除となった鑑別の「問1」は
    (工具や測定器具の名称を問う問題であり)
    電気工事士であれば簡単に正解できる問題でした。

    「問1」が免除でなければ
    鑑別5問中、(易しい「問1」を含めて)3問正解で60%となるので
    合格のハードルは下がります。
    合格することは重要なので、試験時間短縮(45分)のメリットより、免除を申請しない方が得策かもしれません。

    両立する方策はあるのでしょうか?
    「試験時間短縮」と「合格のハードルを上げない」
    これらを両立する方策は?

    例えば、「電気主任技術者」資格で免除を申請すると、
    試験時間短縮(30分)、かつ、鑑別「問1」免除なし、となるようです。


    ●著者が使用した参考書・問題集は⇒こちら(消防設備士乙種4類参考書問題集)
                              (コメント付)


    ◆各記事カテゴリーの目次Index一覧(各記事の説明付)です。読みたい記事を選べます。
    ■「消防設備士」記事一覧は⇒こちら(消防設備記事一覧)
    ■「電気工事士」記事一覧は⇒こちら(電工記事一覧)
    ■「危険物取扱者」の記事一覧は⇒こちら(危険物記事一覧)


    スポンサーサイト

    テーマ : 資格を取ろう! - ジャンル : 就職・お仕事

    DATE: CATEGORY:消防設備士
    著者は消防設備士 乙種4類の資格試験に合格しました。
    乙種4類は自動火災報知設備などの整備・点検ができます。

    【合格証】
    乙4合格
    乙4種類


    ●著者が使用した参考書・問題集は⇒こちら(消防設備士乙種4類参考書問題集)          (コメント付)

    ◆各記事カテゴリーの目次Index一覧(各記事の説明付)です。読みたい記事を選べます。
    ■「消防設備士」記事一覧は⇒こちら(消防設備記事一覧)
    ■「電気工事士」記事一覧は⇒こちら(電工記事一覧)
    ■「危険物取扱者」の記事一覧は⇒こちら(危険物記事一覧)


    DATE: CATEGORY:消防設備士
    著者は消防設備士 乙種7類の資格試験に合格しました。
    (乙種7類は「漏電火災報知器の整備・点検」ができる資格です)
    以下は取得までの経緯です。

    所有資格により試験の一部免除を受けることができるので
    著者は「第二種電気工事士」による免除を申請しました。
    免除により試験時間も(1時間45分)⇒(1時間)に短縮されました。

    【試験科目と問題数(免除なし)】
    1乙7科目問題時間
    【試験科目と問題数(電工による免除あり)】
    2乙7免除2
    【受験結果】
    3乙7結果2

    <補足>
    資格に詳しい方には下記補足させて頂きます。
    乙7受験以前に著者は下記資格を取得済みでした。
     1)第二種電気工事士(2010年取得)
     2)消防設備士乙種6類(2013年取得)
    免除の範囲は取得資格による免除申請で変わります。
    乙7試験に対して上記2つ共免除を申請すれば、
    試験範囲(問題数、試験時間)を更に狭くすることが可能です。
    (電工と乙6共に免除申請すれば、法令共通6問も免除になり、試験時間35分となる)
    しかし、著者は乙6の免除を申請しませんでした。
    免除申請しなかった理由は合格基準「各科目毎に40%以上」が難しいと思ったからです。
    (乙6免除なしの場合、法令10問中4問以上でクリアですが)
    乙6免除ありの場合、法令類別4問中2問以上クリアが必要になります。
    結果は4問中2問正解でしたので、結果的には免除申請してもよかったのですが、余裕は無かったですね。

    ●著者が使用した参考書・問題集は⇒こちら(消防設備士乙種7類参考書問題集)
              (コメント付)

    ◆各記事カテゴリーの目次Index一覧(各記事の説明付)です。読みたい記事を選べます。
    ■「消防設備士」記事一覧は⇒こちら(消防設備記事一覧)
    ■「電気工事士」記事一覧は⇒こちら(電工記事一覧)
    ■「危険物取扱者」の記事一覧は⇒こちら(危険物記事一覧)


    テーマ : 資格を取ろう! - ジャンル : 就職・お仕事

    DATE: CATEGORY:消防設備士
    著者は消防設備士 乙種7類の資格試験に合格しました。
    乙種7類は漏電火災報知器の整備・点検ができます。

    【合格証】
    乙7種類
    乙7合格


    ●著者が使用した参考書・問題集は⇒こちら(消防設備士乙種7類参考書問題集)
              (コメント付)

    ◆各記事カテゴリーの目次Index一覧(各記事の説明付)です。読みたい記事を選べます。
    ■「消防設備士」記事一覧は⇒こちら(消防設備記事一覧)
    ■「電気工事士」記事一覧は⇒こちら(電工記事一覧)
    ■「危険物取扱者」の記事一覧は⇒こちら(危険物記事一覧)


    テーマ : 資格を取ろう! - ジャンル : 就職・お仕事

    DATE: CATEGORY:電気工事士 第二種
    2018年度(平成30年度)の第二種電気工事士試験については、試験実施方法が大きく変わるようです。

    1.試験実施方法
    2017年度までは、上期と下期のどちらか一つを選んで受験しましたが
    2018年度からは、上期と下期が別になるようです。
    なので、もし上期の「筆記試験」に不合格となった場合でも、下期の「筆記試験」を受験することが可能となります。
    受験者の皆さんにはチャンスが増えることになりますね。
    ■上期
     ・申込期間:3月14日~
     ・筆記試験:6月3日
     ・筆記試験結果発表:7月上旬
    ■下期
     ・申込期間:7月9日~
     ・筆記試験:10月7日
    (詳細は (一般財団法人)電気技術者試験センターの公式HP(お知らせ)をご覧ください。
      ⇒ 一般財団法人 電気技術者試験センターHP

    2.技能試験候補問題
    2018年度(平成30年度)技能試験の候補問題(全13問)が既に公表されています。
    早めに練習に取り掛かれると良いですね。

    【技能試験候補問題No1】
     2018問題1


    また、下記が公開されました。
    1)技能試験に係る「欠陥の判断基準」
    2)「技能試験の概要と注意すべきポイント」


    特に、上記「技能試験の概要と注意すべきポイント」資料は写真入りで分かりやすいので是非早めにダウンロードして目を通されておくことをオススメします。資料は2018年1月12日に更新されているようですので、最新版をダウンロードされると良いと思います。
    (詳細は (一般財団法人)電気技術者試験センターの公式HP(お知らせ)をご覧ください。
      ⇒ 一般財団法人 電気技術者試験センターHP



    ◆各記事カテゴリーの目次Index一覧(各記事の説明付)です。読みたい記事を選べます。
    ■「電気工事士」記事一覧は⇒こちら(電工記事一覧)
    ■「認定電気工事従事者認定講習」記事一覧は⇒こちら(認定電気工事記事一覧)

    テーマ : 資格を取ろう! - ジャンル : 就職・お仕事


    copyright © 2019 わたしの資格取得体験記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ